FC2ブログ

雁木ぶっぱ

ファジィと当てずっぽうの将棋観 #3

 最近はもっぱら序盤のお勉強。
 私の勉強法は、定跡書はまず一通りざっと(時間かけず1,2日で)読む。で、ふわっとした知識のまま24で指してみる。そうすると「この場合はどうすんだっけ?」という局面に遭遇する(というかそればかり)ので、局後にまた本にあたって確認する。場合によっては、プロの棋譜を調べる。以下、実戦→確認を繰り返す。というやり方。
 最初から完璧を求めない方がいいと思うんですよね。というか、この方法だと実戦で出てこない順はいつまでたっても放置されるので、最終的にも完璧にならない気もしますが。いいんです。実戦でよく出てくる順ベスト3くらい知っておけば何とかなります。

 気になるテーマが溜まってきたので久しぶりにこのコーナー(→#1#2

★テーマ1 後手石田流への対応

2012-02-17a.jpg

 初手から▲7六歩△3四歩▲2六歩△3五歩とした局面。プロではほとんど見かけることのない後手番での早石田を目指した手だが、成立するのだろうか。先手としてはどう対応すべきだろうか。



バリン これは全くの無理というわけではない。先手としても▲2五歩△3二飛▲2四歩といきなりはいけない(△同歩▲同飛△3六歩がある)ので。
 ▲2五歩△3二飛▲6八玉△6二玉▲2二角成△同銀▲6五角と進めるのが一例。先手早石田に対して4手目△4二玉に▲7八飛と振る将棋に類似してるが、それに比べて居飛車の飛車先の歩が伸びている形。ただ、それがどこまで得なのかは微妙な気もする。△5五角の筋(下図)から飛車を取られてしまえば、かえってスキになる可能性もあるし。

2012-02-17b.jpg

 先手互角以上に戦えるとは思うが、後手としても乱戦に持ち込めるなら十分とも思える。研究しやすい形でもあるので、アマチュア的には後手の作戦として案外有力なのでは。
 せっかくの先手で乱戦になるのが嫌なら、△3五歩に▲5六歩△4二飛▲4八銀や▲4八銀△3二飛▲4六歩のような形に進めれば穏やか。以下、角交換型の石田流になる。これも一局だが、石田流に組まれるのでは後手に主張を通されたようだし、先手は堅く囲うのも難しい将棋になるので気分的にあまり面白くない。個人的にはやはり▲2五歩で勝負したい。それで先手勝率55%。


★テーマ2 後手番一手損角換わりvs先手早繰り銀

2012-02-17c.jpg

 図は後手の一手損角換わりに対して先手が早繰り銀を見せた局面。一見よく見る形のようだが、後手の飛車先不突型をどう捉えるべきだろうか。



 飛車先不突での一手損角換わりは丸山さんが得意としてる形で、後手の趣向の一つとして最近よく見かける。一方で▲7六歩△3四歩▲2六歩△3二金に▲7八金△8四歩の交換を入れずに即▲2五歩として、先手の方から飛車先不突での角交換を強いる指し方もある。先手としても▲7八金と上がらずに駒組みを進められるという主張がある。
 テーマ図から△8四歩▲4六銀△8五歩と進めば定跡書でもよく見る形になるが、ここから二手掛けて飛車先を伸ばしていくのには折角の飛車先不突型なのでやや抵抗を感じる。しかし、△5四銀▲4六銀△4四歩▲3五歩△4五歩▲3四歩の展開(下図)は△5二金が間に合ってないから、△3四同銀▲3七銀となった時に銀立ち矢倉に組むことができない。
2012-02-17d.jpg
 ▲3七銀以下、△3三金~4二飛とするのは5四銀型とのバランスが悪い気がする。△3三桂だと飛車先を切られて△2三金と上がることになるが、2三金の形はまとめづらくてあまり幸せになれない印象がある。
 かといって図から△4六歩▲3四歩△4七歩成▲3二歩成△4六角の大決戦は、▲1八飛と逃げられてこれはダメそう。7七へ玉の逃げ道が空いてるし、後手の飛車先が伸びてないのが響いて一押し足りない格好に見える。先手が7七銀と上がってる形なら成立する場合もあるんですが。
 とすると、テーマ図からは大人しく△8四歩と突いていくか、△4四歩▲4六銀△4二飛と飛車を振って迎え撃つか、どちらかかな。後者なら飛車先不突を活かせるが、これも△3三金と上がる形になるので玉の堅さに差がついて後手が勝ち切るのが大変な将棋になりやすい。先手勝率は△8四歩なら53%、△4四歩なら60%。
 いや、待てよ、△4四歩▲4六銀△5二金とすれば銀立ち矢倉に組めるのか。▲3五歩△4三金右▲3四歩△同銀。以下、先手に飛車先を切られることになるけど、好形に組めて後手も戦えるはず。△6五歩から6四角と据えて飛車を狙っていくような構想がいいのかな。
 後手番一手損角換わりはよく指しますが、自分から飛車先不突型を目指すことはあまりないですね。角換わりの将棋で飛車先不突というのは、寄せ合いになった時にパンチ力不足になりやすいのでそこまで得ではないと思ってます。


★テーマ3 角換わり棒銀での特攻 

2012-02-17e.jpg

 図はノーマル角換わりから後手が棒銀での端攻めを敢行した展開。▲9四歩の垂らしに対して、受けずに△9八香成と突進してきた局面。この特攻は成立するのだろうか。



 これは▲9三歩成で先手良しでしょう。△同桂▲9一角△7二飛▲8三銀で馬を作って手厚い形です。
 ▲9三歩成を同桂と取らずに△5二飛? ふうむ。それも▲7九金と桂にヒモつけるくらいで十分じゃないですか。銀香交換な上にと金得なので、じっくり指していけば普通に優勢になっていくと思います。先手勝率は75%。
 ちょっと形は違いましたが、以前には9四歩の垂らしに対して△9一香と打たれたこともありました。その時は後手が4二玉~5二金と囲っていたので▲6一角と打ち込んでいったのですが、このテーマ図で△9八香成に代えて△9一香だと?
 パッと見えたのは▲7五角△4二玉▲8四銀という順ですが、ちょっと筋悪いかな。相手の香打ちが重たいので、手筋の▲6六銀から軽く桂を逃していく方がいいのかもしれない。▲3五歩と突いて▲4五角からの馬作りを狙うのでも良いだろうし。いずれにしろ△9一香も良い手ではないと思う。やはり定跡通り、この垂らしには△9二歩と受けておくところでしょう。
 個人的に、この銀香交換から端突破を狙う角換わり棒銀は好みではないです。先に駒損する攻めですし、居玉の相手に対して損してまで端の一点狙いで攻めていくというのがピンと来ない。7筋を突いて銀を立て直していく形なら指してもいいと思いますが。あ、対振りの棒銀というのも、相手玉が8筋にいるのに銀を遠くの2筋から繰り出していくというのがどうも受け付けないんですよね。
 
スポンサーサイト



雨雨右銀雨右銀

 このところトン死することが多すぎてイーッてなります。おそらく、新戦法の試行中なので序盤から集中力を消費してしまい、終盤になる頃には頭スッカラカンになってるせい。あと舟囲いのせい。舟囲いちゃんマジ豆腐。いや、豆腐なのは別にいいんですけど、脆い上に狭いっていうのが。舟囲いの距離感、粘り方がまだ掴めてないんですよね。ニコニコに上がってた木村さんの将棋列伝でも見てみよか。右銀急戦はなかったような気もしますけど。

 以下、右銀急戦を実戦の中で詰めていく作業。
 
2012-01-31a.jpg

 右銀急戦の基本図その1といった局面。△4三銀型に対しては▲4六銀から3五歩。△3二銀型に対しては▲3八飛~3五歩というのが基本。
 図からの振り飛車の応手としては、△5二金左、△3二飛、△4五歩、△5四歩、△3二銀といったところ。
 なんですが、実際に指されたのは△5四銀。そんな手もあるのか。以下、▲3五歩△4五歩▲3三角成△同桂▲5七銀。

2012-01-31b.jpg

 形で銀は5七に引きましたが、△6四角を警戒して3七、5五もありましたか。ここは▲3四歩と▲2四歩が残ってるので、居飛車悪いってことはないはず。まあ、以下、玉頭銀風な強襲から王手龍取り喰らってサクっと負けたんですけど。

2012-01-31c.jpg

 基本図その2の▲3八飛型。△1四歩にかえて△5二金左としてるのが普通ですが。
 ここでは△4三銀、△4五歩、△5四歩、△6四歩あたりが候補手。この対局では△4五歩。これは角交換から▲6六歩でじっくり目の戦いに。以下、玉頭の位を取って駒組み勝ちをちらつかせつつ、相手が位に反発してきたらそこで入手した歩を使って2筋攻めるという構想。
 ただ、本局では▲6六歩に対して△6四歩としてこなかったにも関わらず▲7五歩と7筋の位を取ったんですが、これはマニュアル人間な何も考えてない手でした。△6四歩突いてこないんなら6筋の位取るべき。たぶん。7筋より6筋の位の方が大きいし、あとで△6四角と打たれることにもなりましたし。

2012-02-01a.jpg

 四間穴熊に対しても問答無用で急戦を仕掛けてみた図。どうなんでしょう。対振り穴の居飛車急戦とかプロの将棋で見た記憶がないんですが。持ってないですけど「四間穴熊の急所」にもこの形は載ってなさそう。
 ちなみに、この対局は捌き合いでは互角以上の分かれも、相手の暴力を受け切れそうだったのを受け損なってトン死。なるほど、こういうことになるからプロでは指されないわけですね。とはいえ、やってやれない感じもしないではない。どうせにわか四間穴熊使いなんて、急戦やられたら適当に4五歩突いてくるだけでしょ。暴言。

2012-02-01b.jpg

 今度は、後手でやってみたの図。他の急戦だと、振り飛車に一手多く指させることでかえって居飛車側にとって条件が良くなったりするので、後手番でも全然いけたりするんですが、最速がモットーの右銀急戦の場合は一手遅れるのが結構響きそうな感じもします。 図の局面も、振り飛車側は本美濃が完成してて、かつこれから仕掛けようというところに先に飛車を回って受けられてるわけで。一手多く指してることで大山流の▲7八金のような受けがなくなってると言えないこともないですが、うーん、パッと見、直線的に仕掛けてうまくいく気がしません。
 ということで、実戦ではここから△7五歩突いた後、舟囲いに△4二金寄と一手入れて箱入り娘にしてから7六取り込んで、
▲同銀に△7五歩と抑えて△7三銀と銀立て直す、いわゆる準急戦といわれる指し方に。

2012-02-01c.jpg

 ここから△7四銀~6四歩~6五歩という仕掛けを狙っていくつもりだったんですが、即▲7六歩と反発してきて激戦に。まあ、互角です。

 という感じで、しばらく右銀急戦やっていきます。突然、飽きたりするのでいつまで続けるかは分かりませんけど。プロでは絶滅危惧種のノーマル四間党も24ではいまだにウジャウジャいますので、経験値稼ぎに困らなそうなのはありがたいです。 

学んでいけ

 昨日は久しぶりに24でがっと指したんですが、いきなり開幕7連敗。結局4時まで指して3勝10敗で終了。んもー。
 まあ、今は新しいことを色々試してる最中なので、そんなに勝ち負けは気にしてないですが。かといって指しっぱなしでは意味もない。学んでいる「新しいこと」の確認をしておきます。ちなみに「新しいこと」というのは「先手番で3手目に飛車先を突く」っていう。いやー、新鮮です。普通の居飛車。

2012-01-22a.jpg

 普通の居飛車指すとなると、当然、相手が振り飛車なら普通の対抗型指すことに。ということで、私が採用したのは右4六銀急戦。以前にもちらっと試したことあったので。クラシカルな戦法ですが、藤井システム対策として近年(というほど最近でもないかw)見直されたり。今期の順位戦でも登場してましたね。最速の急戦にも持久戦にもいけるという尖ってるのか柔軟なのかよく分からない感じが好みなのです。
 図は戦法名通りに▲4六銀と出たところ。ここで▲3五同飛も一局。後手の形は3二銀-5二金左-6四歩型。以下、△4五歩▲3三角成△同銀▲5五銀と進んだんですが、正着は5五銀ではなく普通に歩を取る▲3五銀。以下、単に△2七角や、△4六歩~2七角、△3七歩などで馬を作られますが、先手も角を7七or8八に据えて攻めて行ってほぼ互角。
 △6四歩型に対しては咎める意味で▲5五銀と出ていく筋があった気がしたんですが、それは図から△3六歩▲同飛△4五歩としてきた場合の話でした。ウロ覚え丸出し。

2012-01-22b.jpg

 ▲7六歩△3四歩▲2六歩のオープニングですと、相手も居飛車党の場合は横歩取り模様に進む可能性が高い(もしくは一手損角換わりですが、そっちは後手をもって経験あるので何とかなる)わけですが、横歩は一度挫折した経験もあり、覚えること多いのでシンドい。ただ、玉が薄くて軽い将棋自体は嫌いではないので、横歩取らずに飛車を引く相掛かりを指してみることに。
 図は、中原流と言われる形。好きな棋士の一人である中川大輔さんが指してるのを覚えてたので、マネしてみました。一応、本家の中原さんの棋譜もいくつか並べはしましたが、これはまだ序盤の定跡手順もよく分かってないです。ただ、ちょっと進んだところで、
2012-01-22c.jpg
 ここで▲4四角△同歩▲3四角△5二金▲2三角成という強襲はありましたか。ボナンザ先生が言ってたんですが。ちょっと強引ですけど、嫌といえば嫌。相手の駒組み手順も多分おかしいんでしょうね。とりあえず、もうちょっと棋譜並べて感覚つかまないと。

 あとは、昨日は出会わなかったんですけどゴキ中対策をどうするかはまだ未定。超速の将棋はそれなりに数は見てるはず(嫌でも目に入るというか)なんですが、興味なかったので全然頭に入ってないですし。当分は丸山ワクチンの出だしから左玉でお茶を濁しときますか。

 ちなみに相掛かりは昨日4局指して4連敗。右銀急戦も3戦3敗。何とも幸先悪いスタート。ここから這い上がっていくとしますか。

これしかなくない

 昨日開幕した王将戦、久保王将対佐藤九段。久保vs佐藤の対戦というと棋王戦での2年連続フルセットの死闘などもありましたが。今回も1日目から目が離せない展開。△ゴキ中対▲超速という、見ない日はないというような流行型の出だし。だったはずが、

2012-01-09a.jpg

 ▲5七玉の顔面ディフェンス!
 気づいたらこんなことに。ありきたりの戦型だったはずが、20数手で佐藤汁丸出し。三歩得を主張するために王様自ら歩を守りに行く。これぞ康光流という強情さ。局後のコメントでは「これしかないと思った」とのことですが、さすがにこれしかないことはないんじゃなかろうかw なにせ敵の主砲の射線上に自分から出ていく上に、玉金銀がビタイチ連結してないという。怖いなんてもんじゃない格好です。実際、久保さんはあまり考えてなかったとのこと。
 いや、見れば見るほど酷い格好で笑えてきます。玉が三段目まで出張っているのに、王様を守るべき金二人は自宅待機、銀も一方は小金を掠めるために放浪(後に野垂れ死に)し、もう一方は壁となって王様の退路を塞いでるのみ。これでねえ。勝っちゃうんですから。素敵過ぎます。
 しかし、久保さんは大変ですね。木曜には崖っぷちの順位戦、しかも無敗の羽生さん相手の対局が待ってますし、来月には佐藤さんほど変態ではないけど剛直さでは劣らない郷田さんを迎えての棋王戦も控えてます。新年早々、何というヘル・エッジ・ロード。

 明日からは順位戦も再開(課金切れてる…)しますし、週末には会長vsボンクラの電王戦、あとは女流名人戦なども。うひょー、たーのしみー。

2011年に買った棋書

 前年に続いて2011年買った棋書まとめ、やっときます。

「光速の終盤術」谷川浩司
「塚田正夫の詰将棋」塚田正夫
「7手詰ハンドブック」浦野真彦
「よくわかる角換わり」西尾明
「南の右玉」南芳一
「9手詰将棋」高橋道雄

 去年出た棋書で買ったのはこの6冊。少ない。まあ、これ以外にもアマゾンでバーゲン価格で売られてた「超実戦駒を取る詰将棋 入段編」とか、ヤフオクで「風車の美学」とか買ったりしましたが。将棋を題材にした小説、漫画はわりと読んだんですけども。小説では「盤上のアルファ」、「ダークゾーン」、「一万石の賭け」、漫画では「ハチワンダイバー」、「ひらけ駒!」、「3月のライオン」、「王狩」といったところ。
 以下、一冊ずつ見ていきます。

 「光速の終盤術」は、終盤に絞って解説された自戦記の名著、その文庫での復刻版。光速流と謳われた谷川さんの最盛期の終盤の解説ですので、非常に高度な内容。正直、私も難しい実戦解説の部分はほどほどに、合間に書かれてる終盤の考え方などについて書かれてる部分をコラムとして楽しむという読み方です。それでも参考になると思います。やさしい詰将棋=将棋の筋トレなので日々反復して基礎体力を養うべし、という教えは実践してます。
 「塚田正夫の詰将棋」も、「光速~」と同じく将棋連盟文庫での復刻版。駒数が少なめですっきりした見た目ながら、ハハーンと唸らされる順が詰まっている詰将棋集。非常に高品質な一冊だと思います。まあ、私は11手詰までで挫折しましたけど(5手詰から15手詰まで載っています)。
 「7手詰ハンドブック」は、私にとっては初のハンドブックシリーズでしたが、人気も納得の出来。↑の「塚田正夫~」と感触的には近いですね。一目で解けるような簡単な問題も混じってるのが程よい息抜きになって良かったです。こちらはちゃんと最後まで解きました。
 「よくわかる角換わり」は、ノーマルの角換わりと一手損角換わりの基本定跡を一冊で網羅してしまおうという意欲作。「よくわかる」シリーズもこれが初。扱ってる分野が分野だけに仕方ないんですが、やはり広く浅くになってる感は否めず、文章も堅くて面白みにかけるので、読んでてもさらーっと流れていってしまっていまいち印象に残らない感も。まあ、一からちゃんと読んだわけではないので何ですが。私は角換わり系の将棋はもっぱら棋譜並べで勉強してるので、ここは定跡だとどうだったかなと調べたい時の簡易辞書代わりに使ってます。これから角換わり勉強しようという人はとりあえずこれ一冊持っておけばいいんでないかな。
 「南の右玉」は…以前に触れたから別にいいか。ちなみに南流、実戦で指したことは一度もありません。相手にやられたことは一度だけありましたが。
 「9手詰将棋」は待望の高橋詰将棋シリーズの新刊。おととい解き終わったところ。9手詰はちょっとシンドいかなと思いましたが、一日10問解くのには丁度いいレベルでした。地味に難易度表記にかなり助けられました。「5分で○○」(○○は3級から二段が大半、まれに4級、最後の一問だけ三段)という簡潔なものですが、級なら素直な順、段なら一捻りあり、というヒントになってるっていう。これ、「11手詰将棋」はさすがに出ないでしょうね。
 
 MVPは…該当者なしで。強いて挙げるなら「ひらけ駒!」ですが。「7手詰ハンドブック」も良かったですけど、個人的には「7手詰将棋」の方が好みですし。